PCは世界的な販売ディップとしてインドで復興を楽しむ

PCベンダーは昨年、インドに1100万台を出荷し、2011年には3.5%増となった。この成長は、消費者の需要を押し上げるために、ラップトップを各州の小売店や小売店に配布する努力によってもたらされた。これは、これが単なる国のさらなる成長の始まりであることに留意した。アナリストのインドの調査責任者、Venu Reddy氏は、次のように述べています。「ポータブルPCの需要に支えられ、インドのPC市場は2013年に2桁の伸びを見込んでいます。

インドのタミル・ナードゥ州(ELCOT)のエレクトロニクス・コーポレーションがタミル・ナードゥ州南部の学生に907,7​​90台のラップトップを配備したことで、レノボは市場リーダーでした。ヒューレットパッカードは16.2%で2位、エイサーは13.2%で、シェアは2012年には15.9%となった。

Reddyは、インドで市場の成長が続くと考えています。 「10州での今後の選挙では、このような特別プロジェクトがいくつかの大都市で繰り返される可能性があり、PC市場を引き上げる可能性がある」と、これは最近のグローバルな傾向と矛盾している。ガートナーの1月の調査によると、2012年第4四半期には9030万台のPCが出荷され、2011年からは4.9%減少した。この減少は、ガートナーの主任アナリスト、北川美香子氏によると、個人ユーザーが個人用のデバイスとしてPCとタブレットの両方を持つ世界を想像していたのと同じように、個人の消費活動をパーソナルタブレットに移行し、共有PC上で創造的かつ管理的な作業を行うことがますます増えていると思われます。購入者は世帯内の二次的なPCを交換するのではなく、年齢を切り、消費をタブレットに変えることができる」と北川氏は語る。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話