ノキアと大井、ブラジルでIoTラボを開始

ノキア・ネットワークスとポルトガル・テレコム所有のモバイル事業者Oiは、ブラジルでInternet of Things(IoT)プロジェクトの開発に協力します。

両社は、リオデジャネイロで2016年第1四半期に打ち上げられる施設で、LTE-M技術(マシン接続用に開発された4G仕様)に焦点を当てたイニシアチブに共同で取り組みます。

他のモバイル企業は、ブラジルでIoTやAmerricaMóvilとのIoTと5G製品やサービスの開発に関する研究提携を発表したなど、ブラジルのIoTでの機会を狙っている。

ブラジル政府は、機械間(M2M)とIoT技術に重点を置いた政策の策定にも取り組んでいます。グループの目標の1つは、ブラジルで現在行われている「隔離されたM2MとIoTイニシアチブを接続する」ことです。

ドローンが4G LTEネットワークをどのように使用できるかをテストするクアルコム、AT&T

オーストラリア政府はスマート都市計画のために英国の基準を活用する

IoT LoRaWANネットワークはシドニーに住む

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

Internet of Things、クエスト、クアルコム、4G LTEネットワーク、Internet of Things、スマートシティ計画のための英国標準を活用するためのオーストラリア政府、IoT LoRaWANネットワークがSydney、Cloud、Connected、雲の時代はより良いネットワークが必要