Office 365、Windows Azureは現在中国にあります

国内データセンターサービスプロバイダーとのライセンス契約により、MicrosoftのOffice 365およびWindows Azureクラウドコンピューティングサービスが中国のユーザーに提供されるようになりました。

チャイナデイリー(China Daily)は、米国のソフトウェア大手が北京に本拠を置く21Vianet Groupと提携し、同国のデータセンターとクラウドサービスを運営すると発表した。

マイクロソフトが管理しているサービスを利用することを望んでいる人は、アジアの他の国々のデータセンターにアクセスすることができると指摘したが、Microsoftはパートナーシップにより中国の顧客にOffice 365、Windows Azure、パシフィック。

同社は、市内の新しいデータセンターを経由して上海市政府にこれらのクラウドサービスを提供する契約を締結した。これは21Vianetによって建設され、取り扱われる予定である。

これは、マイクロソフト社の中国におけるクラウド事業、上海政府の法律ソフトウェアの採用のマイルストーンである」と、上海市経済情報調査委員会のダイハイボ(Dai Haibo)会長は地方政府とマイクロソフトとの交渉を加え、年。

21VianetのChen Sheng会長兼最高経営責任者(CEO)は、中国には、以前は海外に拠点を置くだけで、Microsoftのクラウドサービスにアクセスするための独自のローカルデータセンターがあると語った。

同氏はまた、来年、上海から他の中華都市へのマイクロソフトとのパートナーシップを拡大する計画だという。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力