S’poreはパンデミック・インフルエンザ・ドリルに合う

シンガポール – 島嶼国の医療従事者が今週末のインフルエンザ大流行の準備と対応のために準備を進めているため、産業界の選手たちは、アラートが漸進的なレベルに達すると労働力の可用性を維持するITツールの重要性を強調している。

7月21日から開催される2日間の訓練には、1,000人以上の人員が関与し、シンガポール保健省が先導する。この演習では、インフルエンザの流行時に関係当局がどのように反応しているかを検証し、国家の監視、対応能力および運用能力を評価することを目的としています。

シンガポールの民間航空局、移民局、チェックポイント機関、海上港湾局などの政府機関のメンバーもこの訓練のために動員される。

保健省の声明によると、香港、オーストラリア、マレーシアなどのアジア太平洋地域の海外代表は、経験を共有し、ドリルから「相互学習」する手続きを観察する。

一方、業界観察者は、自宅で検疫を行うと、企業は従業員が在宅勤務のために適切に準備し、ビジネスが通常どおり継続することを確実にする必要があると指摘しています。

先週のブリーフィングで、災害復旧研究所(DRI)アジアの執行取締役である准教授であるGoh Moh Heng博士は、アウトブレイクが発生した場合、企業は「外部の重要なビジネス機能を再開する必要があるセキュリティのための準備をしている組織の ”

Goh氏は、2003年にSARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスの影響について不十分な準備が整ったため、多くの中小企業が事業をシャットダウンしたとし、「民間部門は、製品とサービスができるだけ近いところで「いつものようなビジネス」に機能するようにする」と語った。

パンデミック・インフルエンザのレベルが同様の段階に達すると、会社は高レベルの欠勤に遭遇するだけでなく、働く人に感染のリスクから十分に保護されていることを保証する予防措置を講じなければならない、と彼は述べた。

シスコシステムズやサンマイクロシステムズなどの技術企業は、従業員が家庭で働く必要がある場合は、何もチャンスを逃していません。

Sunは、例えば、シンクライアントサービス会社Tarantellaから取得したSun Secure Global Desktop(SGD)ソリューションと、HelloMobilize Pandemic BCP(ビジネス)というスタッフ追跡システムという2つのビジネス継続性ツールをパッケージ化する必要があると判断しました。継続計画)エディション。後者は、Sunのパートナー、Hello Technologyによって開発されました。

SGDソリューションにより、社内の従業員は、オフィスで安全に使用していたLinux、Windows、またはSolarisベースのアプリケーションと同じインターネットブラウザを介してアクセスできます。

サン・シンガポールのマネージング・ディレクター、ウォン・ヘン・チュー氏は、次のように述べています。「[SGDソリューションを使用して]サンは今日、同社従業員の人件費の100%を家庭から支えることができます。ウォン氏は、数ヶ月前にシンガポールのサンの従業員に対するビジネス継続計画を策定したと付け加えた。

ITベンダーは、従業員が自宅で仕事をすることができるほか、従業員の福利を監視できるシステムを宣伝しています。

在宅勤務の従業員の健康状態を監視するために設計されたHelloMobilizeツールは、複数のグループの人々のコミュニケーションと動員を可能にする、双方向、一対多、多対1のエンタープライズメッセージングサーバーです。

従業員は、メッセージングシステムを使用して、音声通話、電子メール、またはショートメッセージサービス(SMS)を介して企業に健康状態を報告することができます。また、適切な緊急処置を従業員に喚起し、自宅で働くよう指示された従業員の健康状態を監視するために使用することもできます。

労働力の動員;シスコは、必要が生じた場合、労働力の自宅からの雇用を提供しています。

SMB、ビデオ:Millennialsを採用するための3つのヒント、エンタープライズソフトウェア、社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあり、ビッグデータ分析、ビッグデータについての汚れた小さな秘密:ジョブ、ロボティクス、深い学習と新しいアルゴリズム

シスコのアジア太平洋地域のIT管理者であるグレッグ・ディクソンは、パンデミック・インフルエンザの状況では、従来の災害シナリオとは異なるビジネス継続性のアプローチが必要であると強調しました。

火災、地震、テロなどの伝統的な災害では、企業は通常、事業継続計画の一環としてデータセンターの複製を実装する必要があります。しかし、インフルエンザのパンデミック時には、事業に実際に付随する損害はないとディクソン氏は説明する。

むしろ、SARSの発生時に示されているように、人々は技術や企業ネットワークやアプリケーションへのアクセスから逃れるだろう、と彼は言った。たとえば、シスコでは、ビジネス復旧にいつでもどこでもオフィス同等の機能を提供することを確実にしています。

実際、同社は、コラボレーション用のビデオテレフォニーや高度なテレフォニー機能やVoIP(voice-over-IP)機能など、独自のIP(Internet Protocol)テレフォニー技術を社員に提供し、自宅で働くことができるようにしました。

Dixon氏は、同社のIPテレフォニーインフラストラクチャをサポートするために必要なコアアプリケーションは、米国にあるデータセンターに集中していると付け加えた。

ビデオ:Millennialsを雇うための3つのヒント

社会における最大の秘密:ブランドコミュニティはどこにでもあります

大きなデータについての最も汚れた小さな秘密:仕事

深い学習と新しいアルゴリズムでよりスマートなロボットを構築する