サムスンNP – P580ノートブックとLinux、もちろん

私は今、私のメインノート/デスクトップシステムの交換をかなり待っています。それはまもなく4歳になるだろう、ファンは騒々しいようになっている、それは実行中のオペレーティングシステムに関係なく、しばらくの間、毎回ハングアップする厄介な傾向を開発している。問題は、私はそれをデスクトップシステムとして使用しているので、ドッキングステーションを使いたいと思っています。ラップトップメーカーは、ビジネスユーザーだけがドッキングステーションを必要としていると考えているようです。つまり、そのようなシステムの価格は、ほぼ同等のノンドッキングシステムと比較してだから私は今、特別なセールス広告やクローズアウトオファーを見ています。

先週、私は最終的に良い候補 – サムソンNP – P580プロノートブック、約640スイスフラン(約460ポンド)で価格を見つけた。私はすでに2つのサムスンのネットブック(N150プラスとNF310)を持っていて、どちらも良い、しっかりした、信頼できるシステムでした。価格はドッキング可能なノートブックの通常の約半分でした。オプションのドッキングステーションには、私が望むすべての接続があるようです。だから私は先週末にそれを注文し、月曜日にそれを手に入れました。

システムの私の最初の印象は、それが非常に広いということでした。私の現在のLifebook S6510の14インチと比較して、ディスプレイは15.6 “ですが、それは4:3ではなく16:9の比率であるため、幅の差は私が予想した以上です。実際、それは私のバックパックに収まらないほど広いです。それはキーボードが実際に別の数字パッドを持っているので、あなたがそれを必要とすれば良いことだと思うほど広いですが、私はReturnキーを押したいときにはあまりにも遠くに行きすぎているようです。肯定的な側面では、実際のボタンを備えた実際のタッチパッドを持っています。愚かなClickPadのことではありません(実際には、注文前にこれについて確かめるためにClickPadが嫌いです)。それ以外は、プラスチック製のケース付き、かなり標準的なミッドレンジのノートブックのように見えます。パームレストは磨かれた金属のように作られていますが(しかしそれはまだプラスチックです)、この価格帯の金属、チタンなどはありません。それには、eSATAポート、VGA / HDMIポート、SD / MMCメディアカードスロット、有線/無線ネットワーク接続、およびUSBポートなど、4xUSB(USB 3ではなくUSB 2のみ)など、ポートと接続のかなり標準的な配列があります。ブルートゥース。

このケースには、ハイパースレッディング機能を備えたデュアルコア・プロセッサーであるIntel Core i5 460Mが搭載されているため、システムに4つのプロセッサー、4GBのDDR3メモリー、統合されたIntel HDグラフィックアダプターが搭載されています。私は、このモデルもnVidiaのグラフィックカードでも利用可能だと考えていますが、これは持っていないので、低価格の一部を説明するかもしれません。有線イーサネットアダプタはMarvell Yukon 88E8059で、ワイヤレスはAtheros AR9285、BluetoothはBroadcom 2070アダプタです。ディスクドライブは320GB SATAユニットで、リムーバブルベイドライブではなく、CD / DVDドライブが内蔵されています。うーん。このタイプの私の以前のノートブックでは、リムーバブルCD / DVDを2番目のバッテリに置き換えることに慣れていたので、私はそれをあきらめなければなりません。

私は外装とケースについてすぐに気がついたもう1つの事柄 – メモリとハードドライブのケースの底面にアクセスパネルがうまく表示されているので、必要に応じて交換することができます。これは、オープンにするために多くの努力(そして勇気)を必要とするワンピースのケースで、非常に多くのネットブックを手に入れた後に、優れた利点です。

それはWindows 7の専門家にプリロードされていたので、最初のタスクはそれを実行して設定することでした。良いニュースが少しありました。私は削除しなければならなかったゴミをシステムにロードしていませんでした。唯一の考えはMcAfee Internet Securityでした。もちろん、悪いニュースがたくさんありました.Windows Updateにドラッグする必要がありました.Windows Updateはすでに3時間ほどかかっていますが、SP1のインストールを依頼していません。 Grrr。それは “78重要なアップデート”で始まり、次にリブートし、さらに4つ、次にリブートし、次に6つ、さらに3つ、次にリブートし、次にxを増やしてからさらにリブートし、次にzをリブートします。私は今、いつか更新とSP1の実行が行われることを願っています。

3時間後、私は疲れてうんざりしていたので、もっと面白い何かをすることに決めました.Linuxをインストールします。私がこれをしていたとき、私はこれについての具体的な指示をしばらく書いていないことに気がついたので、今度はこれよりも少し詳しく説明します。最初のステップは、Linuxで使用するディスクスペースとディスクスペースを決定することです。この場合、サムスンはWindowsの初期セットアップの一環として、ディスクをCとDに分割してパーティションを作成し、それぞれのサイズを指定する必要があるため、非常に簡単でした。私は単純にDを与えました:私がLinuxに求めていたスペースの量。

Windowsのインストールが完了したら、Linux Mint(Debian)201109 Live USBスティックを起動しました。私はミント(とUbuntu)が常にライブ・メディアにgpartedを含めるので、それを使ってディスク・パーティションを再割当てすることができます。私は、あなたが好む配信に応じて、これに使用できる他のディスク管理ツールがたくさんあると確信しています。この場合、D:パーティションを削除して拡張パーティションとして再作成してから、インストールする予定のさまざまなLinuxディストリビューションに必要な論理パーティションを作成するだけでした。そのプロセス全体には5分もかかりませんでした。その後、私は新しいLinux Mint 201109 Gnomeディストリビューションをインストールしました。それはまったくルーチンなインストールでしたが、約15分かかってしまい、最終的には、インストールされたLinuxシステムを起動して何の問題もありませんでした。有線および無線ネットワーク、Bluetooth、デュアルモニター(VGAポートの外付けモニター付き)、サウンド、タッチパッド、すべてを含むすべてが機能します。最新のアップデートをインストールするのに約5分かかりました。システムはすぐに使用できました。ボリュームアップ/ダウン/ミュート、明るさアップ/ダウンなどの明白なFnキー機能を試してみましたが、うまく動作します。私はFnスリープキーを使ってシステムを中断しても、電源ボタンを押すと約2秒で再び使用できる状態になりました。私はパネルにCPU Frequency Monitorを追加し、周波数ステップが自動的に動作していることを確認しました。

今では私の「馬小屋」Linuxのインストールが完了したので、もう少し冒険的なことを試してみることにしました。私は最近、openSuSE 12.1開発の日常的なビルドをダウンロードしたので、私はそれを打つことにしました。もう一度インストールするのは簡単で、Mintをインストールするより少し時間がかかりました。途中でもう少し質問がありますが、20分もかからずに完了しました。私はKDE版をインストールしたので、それをGnome版のMintと比較することができました。もう一度、Fnキーや中断/再開を含めて、上記のミントのリストのすべてが機能しているように見えます。面白い

このシステムには、PCLinuxOS、Fedora、SimplyMEPISなど、数日後にいくつかのLinuxディストリビューションをインストールします。私はUbuntuをそれ以上使用しないので、現在のディストリビューション(Natty Narwhal)をインストールする予定はありませんが、明日になるとOneiricのベータ2リリースを試してみましょう。最初の2つのLinuxインストールでの私の経験に基づいて、私はそれらがどれも問題になるとは思わない。私が問題に遭遇したら、私はここでそれらを言及するでしょう。

要約すると、ここで重要なのは、Linuxのインストールがいかに簡単で、どれくらいうまく動作したかということでした。私が遊んでいるときや新しいハードウェアを探索しているときには、私は非常に新しく異なったシステムを購入する傾向があるので、私のブログで書いたことは、Linuxのインストールのように聞こえるかもしれません。これはまったく当てはまりません。特に、 “沼のような”システムを購入した場合、このシステムと同様にLinuxをインストールして動作させることができます。私は本当にドッキングステーションが到着するのを楽しみにしています(それは注文されました)ので、私はすべての接続と設定を行い、現在のライフブックをこの新しいシステムに置き換えることができます。

 21/9/2011

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

?Red HatはまだOpenStackの会社であることを計画しています

?初期のLinuxで始める

Linuxのサバイバルガイド:この21のアプリケーションは、LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるようにします

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューション、クラウド、Red HatはまだOpenStackの企業、エンタープライズソフトウェア、Linuxの初期段階からのLinux、Linuxのサバイバルガイド:LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるように計画しています