Socitm、公共部門における1,000人のIT雇用損失を記録

Socitmの調査によると、昨年、公的部門が昨年1000人のITスタッフを削減し、雇用失業は2011年も続くだろうという。

木曜日に公開された地方公共サービス2010/11レポートのIT動向によると、公共部門がアウトソーシングとサービスの共有に頼っていることから、政府部門のIT部門のスタッフ数は予算上の圧力を受けて引き続き低下している。

Socitmによると、公的機関はIT職を4%削減するとしている。しかし、公共部門のIT機関は、現在の不安定期が実際に当局のIT運用を強化していると主張した。

「組織全体の意思決定において、より厳しい財務管理とICT支出を支配する強力なガバナンスがあれば、アカウンタビリティと透明性が向上するはずである」と同報告書のJohn Serle氏は記している。

Serle氏によると、2011年も雇用削減が続いているが、一部のIT機能に雇用されている人の数は増加している。 「逆に、私たちの調査によると、中央ICT機能によって雇用されたスタッフの数はわずかに増加している」と彼は書いている。これは、ICTがさらなる統合の時期を迎えていることを示唆している。

Socitmは2011年の通信と中央IT支出の「控えめな成長」を予測し、資本支出は8%、部門支出は14%減少すると予測しています。

Serle氏によると、アウトソーシングはほぼすべての規模と種類の組織によって「選択的に」使用され、サービスの共有もIT調達の特徴となっています。地方議会の約10%が積極的にサービスを共有しており、残りはそのような取り決めを考慮している。

同氏は、他の組織との共同戦略を立てていると主張する組織の数は、依然として低いままである、と述べた。これは懸念すべき領域であり、特にリソースをプールしてサービスに加わることが、 。サービスデスクやネットワークサポートの分野では、組織が共有サービスをより有効に活用することが期待されています。

Serle氏は、IT予算の昨年の2.6%の減少は、2009年には11%の減少を示していると述べた。「ICTスキームの資金調達のための借入は、2009年以降も2倍になり、 ICTに投資することになる」と同氏は付け加えた。

報告書によると、公共機関は、ビジネス分析やビジネスプロセスの再エンジニアリングなどの特定の主要スキルを持つスタッフを募集するのに苦労していることが分かった。この結論は、英国のITスキルが危機に瀕していることを示唆している他の研究を反映しています。

Serle氏は、削減にもかかわらず、公的機関は実際に2010年に高いサービスレベルを達成することができたと指摘しました。また、Socitm氏はIT機能がサービス計画にうまく統合されていることに気づきました。

SocitmのJos Creese社長声明によると、ICTは「バックオフィス」のサポートや自動化だけではなく、コンタクトセンターやセルフサービスを通じた社内外の提供機能として認識されています。外部から。

Socitm氏は、3月に政府のクラウドコンピューティングイニシアチブであるG-Cloudが民間部門のクラウドサービスと組み合わせた政府のネットワークプロジェクトであるPublic Sector Network(PSN)によって時代遅れになる可能性があると述べた。

Socitm氏によると、PSNへの関心はまだG-Cloudよりも大きいが、G-Cloudは来年、「ただの概念ではなく、現実のものになる」としている。

ブラジルと英国、技術革新協定に調印

イギリス政府全体での使用が承認されたブロックチェーン

イノベーション、ブラジルと英国の技術革新協定に署名、政府:英国、英国政府全体で使用するためのサービスとしてのブロックチェーン、セキュリティー、これらの数字は、サイバー犯罪が以前考えられていたよりもはるかに大きな脅威であることを示しています。恐ろしいです:あなた自身を守るために何をすべきか

これらの数字は、サイバー犯罪が以前考えられていたよりもはるかに大きな脅威であることを示しています

インターネットの物事のセキュリティは恐ろしいです:あなた自身を守るために何をすべきか