NZ Govt、NBNパートナーを呼び寄せる

ニュージーランド政府は、民間部門から15億ニュージーランドドルを調達することを望んでいる参加国の参加を呼びかけました。

ニュージーランド経済開発省は本日、「参加の招待状」を発行した。同国の計画は、配備と卸売りサービスの将来の提供のためにパートナーとなる33の「地元のファイバー会社」を作ることです。

ニュージーランドの情報技術通信大臣、スティーブン・ジョイスは今週、政府の目的は、企業、学校などの優先度の高いユーザーに焦点を当てた最初の6年間で、10年間で国の人口の75%に繊維を配備することだと語った保健サービス。

「地元の繊維会社」は、ダークファイバーサービスを提供することが想定され、卸売レイヤー2サービスを提供するオプションがある。レイヤ2サービスは小売電話とブロードバンドサービスを顧客に直接提供します。

ニュージーランドは、商業パートナーシップのための手段として「Crown Fiber Holdings」を設立しました。

ジョイスは今週、同プロジェクトが民間セクターの投資家を引き付けるだろうと確信していたと述べた。 「すでに、多くの企業が政府のブロードバンド・イニシアチブに関心を示していますが、今ではこれらのネットワークを構築するための適切なパートナーを見つけることが必要です。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

NBNはオーストラリアを「指導的地位」に置く:Bill Morrow

TelstraはSDNリシリングによる120の自発的冗長化を求める

ACCCは、OTT、NBN、モバイルデータの競争効果に関する提出を求める