オラクルは誰ですか? FedoraとopenSUSEがMySQLをMariaDBに置き換えます

MySQLは多くのサーバアプリケーション、特にLAMP(Linux、Apache、MySQL、Perl / PHP / Python)ソフトウェアスタックを使用するアプリケーションの基本となっています。その日は終わるかもしれません。 Fedora(Red HatのコミュニティLinux)とopenSUSE(SUSEのコミュニティLinux)は、次回のリリースでデフォルトデータベース管理システム(DBMS)のためにMySQLをMariaDBに切り替える予定です。

データベースの開発者や管理者にとっては、この変更は問題ではありません。オリジナルのMySQL開発者によって設立されたMySQLフォークであるMariaDBは、MySQLデータベースサーバの代替品として設計されています。 MyISAM、Blackhole、CSV、Memory、ArchiveなどMySQLでサポートされている主要なオープンソースストレージエンジンをすべてサポートしています。

openSUSEの開発者でopenSUSEとSUSEのMySQLのメンテナーであるMichalHrušeckýは、MariaDBでは、同じAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)、同じプロトコル、同じユーティリティを使用していると主張しています。だからあなたの現在のバージョンに応じていくつかの深い最適化をしない限り、違いは見られません。

“実際には、変更された唯一のものは、MariaDBとのリンクがあり、MariaDBライブラリを使用しているということです。ユーザの視点からは変更はありません。また、 MySQLの場合はMariaDBになってしまいますが、LAMPパターンではデフォルトになりますが、一般的にOracleを好きな人はMariaDBをMySQLで簡単に置き換えることができます。

openSUSEは引き続き両方をサポートしているので、なぜこれを動かすのですか? Hrušecký氏は、「2010年以降、MariaDBを個人的にMySQLに使用していたので、私の視点ではより良いテストを受けました。最終的には、MariaDBが退屈なほど安定している(最新のアルファを実行しているにもかかわらず)のですが、それでも深刻な問題はありませんでした。

これらの「おいしさ」には、速度の向上、新しい機能、および追加のストレージエンジンのサポートが含まれます。これらには、Aria、OQGRAPH、およびSphinxSEが含まれます。最後に、オープンソースのサークルではなく、MariaDBは「真にオープンソース」です。MariaDBのすべてのコードは、GPL、LPGL、またはBSDで公開されています。

この最後のポイントは、特にFedoraの切り替えを決定したことです。 Red HatのFedoraプロジェクトマネージャーであるJaroslav Reznik氏は、「Oracleによる最近の変更は、MySQLプロジェクトをより閉鎖するように変更していることを示しており、セキュリティ問題(CVE)に関する有益な情報は公開しておらず、より多くのテストが行​​われ、MySQLバグデータベースの大部分が公開されていません」

MariaDBは、元のMySQL開発者の一部によって創設され、オープンソースの姿勢と活発なコミュニティを持つ「Reznikは続けました。私たちは、特にセキュリティ上の問題に関して、それらを扱う方がはるかに簡単であることを発見しました。

オラクルはこのスイッチを行わないようにFedoraに説得しようとしました。 Oracle相互運用性アーキテクトのAndrew Ristは、Fedora開発者のメーリングリストに、「FedoraはMySQL 5.6を統合するべきだ」と書いているが、MariaDBへの切り替えは遅れているだろう。 5.5とMySQL 5.6は、性能と安定性の大幅な改善だけでなく、追加機能とセキュリティの強化を伴い、非常に重要です。

Oracleは、数々の開発とQAエンジニア(MySQLの退役軍人や新鮮な才能を含む)と協力して、オープンソースのMySQLの最も安定した、安全でスケーラブルなリリースをこれまでにも作成しました。我々は、パッケージ管理者になることを含め、FedoraでMySQLの最新のテスト済みバージョンを統合してパッケージ化する準備をしています(Ubuntuの場合と同じです)。

Rist氏は、「Linuxカーネルに貢献して15年、InnoDBを開発して8年、MySQLをリードして3年を迎えたことは、Fedoraの企業スポンサーとOracleがLinuxサポート事業で競争しているが、 FedoraはMySQLコードのメリットと品質に焦点を当てるべきです。

彼の主張は無駄だった。 Fedoraの開発者であるJohann BGuðmundsson氏は、「Oracleの実績は確かに実証されており、Solaris開発者全員が同意していると確信しています。

OpenSUSEはMySQLからMariaDBへの切り替えも検討している; Fedora LinuxはMySQLをMariaDBに切り替えることを検討する; MySQLソースフォークであるMariaDBはOracleに、WikipediaはMySQLからMariaDBに移行し、Fedora 18が最終的に到着し、

Fedoraエンジニアリング運営委員会の投票は近かった。委員会は、MariaDBに切り替えることを支持して7対0で投票した。

だから、ベータ版で最近リリースされたopenSUSE 12.3(そして2013年3月にリリース予定)から、MariaDBはデフォルトのDBMSになります。期限内に、SUSE Linux Enterprise Server(SLES)DBMSにもなるはずです。

Fedoraの場合、MariaDBはFedora 19から始まるDBMSになります。この配布は、5月下旬に予定されています。そして、時間がたつにつれて、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)のデフォルトのDBMSになる予定です。

これは、おそらく今日使用されている2つの最も重要なサーバーLinuxディストリビューションが、OracleのMySQLからオープンソースのフレンドリーなMariaDBに移行している可能性があるということです。これは、企業やインターネットアプリケーションに大きな影響を与えることはできません。

データ管理、オープンデータを世界にもたらすGODAN、ビッグデータ分析、DataRobotはデータサイエンスの低懸念の果実を自動化することを目指す、クラウド、コネクテッド、クラウド時代にはより良いネットワークが必要ストレージ、FacebookオープンソースZstandardデータ圧縮アルゴリズムZipの背後にあるテクノロジーを置き換える

 物語

OpenSUSEはMySQLからMariaDBへの切り替えも検討しています

Fedora LinuxがMariaDB用にMySQLを切り替えることを検討中

オープンソースMariaDB、MySQLフォーク、Oracleに挑戦

WikipediaがMySQLからMariaDBに移行

Fedora 18がついに登場

OpenSUSE 12.3ベータ版の実行準備

GODAN、公開データで世界に栄養を与える

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す