2012年第4四半期に登場するMicrosoft仮想化、管理ツールバンドルの新バージョン

マイクロソフトは、この暦年の第4四半期に、最新のエンタープライズ仮想化および管理ツール群であるMicrosoft Desktop Optimization Pack(MDOP)2012をリリースする予定です。

マイクロソフトの役員は、締め切り日と、今週のユーザーエクスペリエンス仮想化(UE-V)のいずれかのほぼ最終リリースリリース候補ビルドを発表しました。 UE-Vは、Windows 7またはWindows 8のアプリケーションまたは設定を再構成することなく、個人がデバイスを変更できるようにするユーザー状態の仮想化製品です。

MDOPには現在、Microsoftアプリケーション仮想化(App-V)、Microsoftエンタープライズデスクトップ仮想化(MED-V)、高度グループポリシー管理(AGPM)、資産インベントリサービス(AIS)、BitLocker管理および監視(MBAM)、診断および回復ツールセットDART)とMicrosoft Desktop Error Monitoring(DEM)を使用します。 UE-V(コードシティパークシティ)は、今年新たに追加されたものです。 MicrosoftはAISのサポートを段階的に廃止しており、Windows 8をサポートするためにMED-Vを有効にする予定はないと、当局者は認めている。

マイクロソフトはMDOPをニンジンとして使用し、ユーザーに年金ライセンスプログラムであるソフトウェアアシュアランスに加入するよう誘導しています。マイクロソフトでは、Windows Intune PCのセキュリティと管理サービスにサインアップしたユーザーにMDOPを提供しています(毎月1ユーザーにつき1ドル)。

今週の新しいブログ記事では、Microsoftの関係者は、ベータフィードバックに基づいてUE-Vの機能のいくつかを調整していると語った。これらの調整の中には、ユーザー単位でUE-Vを制御する機能、Office 2010の設定テンプレートを改良する機能、Windows 8とWindows Server 2012の最終バージョンをサポートする機能などがあります。

同じ郵便で、マイクロソフトの幹部は、Windows Server 2012がMicrosoftの仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)ソリューションのバックエンドを強化していることにも注目しました。

Windows(Windows 7またはWindows 8)、RemoteFX、およびWindows Server 2012の組み合わせにより、セッション、プールされたVMまたは仮想マシン(仮想マシン)、ブログのKarri Alexionの3つの展開オプションで共通のエクスペリエンスを提供する単一プラットフォームを提供します。 Tiernan、プロダクトマネジメントディレクター

Alexion-Tiernanは、「Microsoftは、Windows 7 SP1のアクセスデバイスに適用できるWindows 7用のRemote Desktop Protocol 8.0アップデートをダウンロードして提供する予定だ」と述べ、同じ大きな拡張機能の恩恵を受けることを計画しているWindows Server 2012のRemoteFXで

仮想化製品とサービスは、Microsoftにとってますます重要になっています。Server and Tools社の社長Satya Nadellaが今週の会議スピーチで認めたように、VDIサービスは現在、同社にとって「10億ドル近いビジネス」になっています。

VMwareがvSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品をアップデート

VMwareの次のプレー:企業向けのすべてのクラウドの管理

NutanixはParmixData、Calm.ioを買収し、雲の野望を強化する

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

VMwareは、vSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新、Cloud、VMwareの次のプレイ:エンタープライズ向けのすべてのクラウドを管理、データセンター、PunixData、Calm.ioをクラウドの野望を強化する動きで買収、Nvidiaが仮想を立ち上げるGPUモニタリング、分析