Netskopeは、$ 75mのシリーズD資金でAPACの拡大を目指す

クラウドアクセスセキュリティブローカーNetskopeは、シリーズDの資金調達ラウンド7500万ドルを確保し、同社の総資金調達額を1億3000万ドル以上にしました。

この資金調達ラウンドは、Iconiq Capitalが率いており、既存の投資家Accel Partners、Lightspeed Venture Partners、Social and Capital Peartnershipも参加しています。

Netskop APACの地域販売担当ディレクター、Yu Jing Cheng氏は、この投資がアジア太平洋地域、特にオーストラリアとニュージーランド、ヨーロッパ、中南米、イスラエル、カナダでの成長を促進すると語った。

データセンターのフットプリントの拡大から販売、マーケティング、チャネルとの関係の拡大に至るまで、世界中の顧客は、シャドーITの光を越えて、ビジネスのいたるところで認可された、認可されていないクラウドアプリケーションを安全に利用できるようになりました。大手クラウドアクセスセキュリティブローカーになるためのエキサイティングな時間だ」と同氏は語った。

同社は、昨年、顧客ベースを500%増やした結果、売上高が600%以上に増加したことや、グローバル人員を250人に増やしたことを誇りに思っています。

同社は、従業員がお気に入りのクラウドアプリケーションを使用できるようにするクラウドサービスを作成することが計画されていたが、企業は安全な方法で使用を最適化できるようにしたと、Netskopeは述べた。

Netskopeの共同設立者兼CEOのSanjay Beriは、同社が設立されたという前提は、市場に差があることを証明するものだと語った。

「爆発的に増加しているのは、リスクを軽減し、データの損失を防ぎ、単にアプリケーションを許可またはブロックするだけでなく、クラウドアプリケーションの使用を管理するソリューションが組織に必要であるという証拠です」

私たちはIconiqが私たちのチームに加わったことを大変うれしく思っています。この投資は、お客様が安全に移行してクラウドを活用するための継続的な努力につながります。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力