UCLA、幅広いネット調査を開始

UCLAは水曜日の包括的、複数年の調査を開始し、消費者と社会にどのような影響を与えているのかを見極めることを目指しています。

ウォルト・ディズニー社(NYSE:DIS)、マイクロソフト社(Nasdaq:MSFT)、アメリカ・オンライン社(NYSE:AOL)などの支援を受けて行われた調査では、2000世帯の調査が行われる。 UCLAコミュニケーション政策センターのディレクター、ジェフ・コール(Jeff Cole)研究担当ディレクター、ジェフ・コール(Jeff Cole)氏は、調査員は、PCとそれ以外の世帯の両方を調査し、「アメリカの景観を反映した写真を撮ろう」と述べる。

テレビの研究の本当の悲劇の1つは、誰もが40年代にアメリカの家庭に入ってテレビを購入したときに何が起こったかを見ていないということだ。それで、私たちはインターネットでテレビのためにすべきことをしたいと考えています。

テレビの視聴;最初にColeに調査のアイデアを伝えたのはテレビの研究でした。

私たちは約1年半前、テレビ史上初めて14歳未満の子供たちのテレビ視聴が減少していることを発見しました」と彼は言いました。「これがすべてに影響を及ぼすことがわかったのです。

Cole氏によると、調査員は最初の電話インタビューで詳細な調査を行い、人々の家に入り、技術の使い方を見ているという。また、毎年戻ってくることで、研究者はより大きなパターンを見ることができます。

今行われている研究はスナップショットです。スナップショットはオンラインで誰がオンラインになり、どこに行くのですか?彼は、家族のパターン、メディアの利用状況、消費者の行動などをどのように変えるかに興味を持っている」と語った。「一連の社会学的な質問をするだろう – あなたは投票する頻度が高い。あなたはフリースピーチとそのようなことについて考えますか?そして、我々はオンラインでこれらのことが変わるかどうかを見ていきます。

また、インターネットはますます米国の現象となっているため、Coleの調査には海外のパートナーもいます。初年度にはシンガポールとイタリアの研究者が調査を行い、来年にはさらに8〜9カ国が追加される予定です。今後3〜5年の間に、Cole氏は15カ国が消費者を調査することを望んでいます。 Cole氏によると、調査の米国の部分は年間60万ドルから80万ドルの費用がかかると見積もっている。

コール氏は、11月までに最初の結果を期待していると語った。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます