Webroot SecureAnywhereエンドポイント保護

クラウドベースのマルウェア対策保護は、従来のローカル定義データベースモデルがますます脅威の進化のペースに対応できなくなるにつれ、ますます一般的になってきています。クラウドで脅威検出を実行すると、クライアントPC上のリソースが解放され、定義の更新が不要になります。

モバイルでのサムスンギャラクシーS7 Edgeでのハンズオン:より良いWi-Fi通話体験、挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット、モビリティ、Plantronics BackBeat GO 3とVoyager 5200ヘッドセットの実践:新しいApple iPhoneには完璧です

WebrootのSecureAnywhere Endpoint Protectionは、主に中小企業向けに設計された製品の1つです(Webrootの「スイートスポット」が目指すのは500〜1,000席です)。 5-999の任意の数のライセンスをオンラインで購入することができ、この範囲の下限にはそれぞれ£27(inc。付加価値税)がかかり、上限では£17に下がります。

SecureAnywhere Endpoint ProtectionのWebベースの管理コンソール

価格に含まれているWebホスト型のマルチユーザー管理コンソールを使用します。これは、クライアント向けの完全にカスタマイズ可能なポリシーベースおよびグループベースの保護と、MSIインストーラパッケージを使用する無料のリモート展開ツールを含むさまざまな手動および自動展開オプションを備えています。適切なレポート機能とロギング機能もあります。

クライアントソフトウェアのメモリフットプリントはわずかです(4〜55MB)

クライアントソフトウェアは、670KBの実行可能ファイルで配布されます。アイドル時に約4MBのRAMしか使用せず、スキャン時に約55MBに増加し、メモリフットプリントは非常に小さくなっています。スキャンも数分で非常に迅速です。提供される保護は、さまざまなリアルタイムの「シールド」とWindowsファイアウォール(アウトバウンド部分を引き継ぐ)と連携するファイアウォールを備えたコンシューマバージョンと同じです。

SecureAnywhere Endpoint Securityは、唯一の保護として、または他のセキュリティ製品と共に実行できます.Webrootは、競合や速度低下を起こさないと主張し、Microsoft Security Essentialsで使用する場合は何も見ませんでした。また、サーバーOSで使用することもできます。

オフライン保護は高度な経験則を使用し、オフラインモードでマルウェアによるシステムの変更を元に戻すロールバックシステムがあります。

システム全体が非常にうまく機能し、管理コンソール用の専用ハードウェアの高価なオーバーヘッドなしに、管理されたセキュリティが必要なビジネスにとって魅力的な選択肢のように見えます。

ケルビンテイラー

Republic WirelessでSamsung Galaxy S7 Edgeとのハンズオン:より良いWi-Fi通話体験

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Plantronics BackBeat GO 3とVoyager 5200ヘッドセットのハンズオン:新しいApple iPhoneに最適