オラクル、SAP顧客向けにより多くのビジネスインテリジェンスアプリケーションをリリース

OracleのCEO、Larry EllisonがSAPを最大の競争相手とみなしているという理由だけで、顧客ベースは含まれていません。むしろ逆です。

実際、オラクルは、SAPの管理および流通サービスに「インテリジェンス」を拡張するという目的で、SAPの顧客を対象とした2つの新しいビジネス・ソリューションを導入しています。

オラクルのビジネスインテリジェンス部門の製品管理担当副社長であるポール・ロドリック氏は、「アナリティクス向けに設計されたシステム上で実行され、モバイル展開が可能なSAP顧客向けに構築された初のパッケージ化された分析アプリケーションです。 ”

SAPのOracle ProcurementとSpend AnalyticsとSAPのOracle Supply ChainとOrder Management Analyticsは、Oracle Business Intelligence Applicationsリリースの最新リリースの一部として今すぐ公開されています。

BIアプリケーションスイートには、分析の際のパフォーマンスとスピードの向上に重点を置いて、プロジェクトベースの予算と追跡のための新しいモジュール、アカウント調整マネージャ、OracleのExalytics In-Memory Machineを活用したサポートが追加されました「極端な」計画パフォーマンスを達成する。

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む

元のVMware社の幹部が新しいCloud Foundry PaaSを立ち上げ、オーストラリアの裁判所は検索広告に対するユーザーの誤解を招く、Google、和解交渉の裁判に踏み切るOracle、Dell、Apple、OracleリードライフサイエンスのIT購入パレード、ベースの臨床アプリケーションプロバイダClearTrial

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、Oracleデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメッシュアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す