サムスン、アップルは特許戦争を解決するために会談している

サムスン電子は、Appleとの交渉で、特許紛争を終了するためのクロスライセンス契約を結んでいるとされている。

韓国時間午後、サムスンは11月に予定されている米連邦巡回裁判所での新たな裁判を前に、主要問題の相違点を打ち消そうとしている。

ある情報筋は、昨年末から協議が始まり、「アップルの手数料の問題になっている」と述べた。

クパチーノを拠点とする同社は、輸入禁止や休止などの是正措置を求める米国の国際貿易委員会(USITC)へのAppleの要請が拒否されたため、両社が妥協するか、 。

「両社は和解交渉をより良い条件で進めているので、USITCの今後の別々の決定に注目している」と、この報告書で述べている。

6月のUSITCは、AppleがiPad 2やiPhone 4などのデバイスの一部を輸入することを禁止したが、これは三星の特許の一部を侵害したためである。サムスンがアップルの特許を侵害しているかどうかについて、60日間の審査を経て2013年8月1日に発表される最終決定が行われる。

Appleは2011年にSamsungがiPhoneとiPadの特許を侵害していると主張し、SamsungはiPadに10億ドルを払うべきだという判決を下した。米国以外にも、両社はドイツ、フランス、日本、イタリアで特許戦争に従事しています。

サムスン電子は、今月初め、SKハイニックスとのクロスライセンス契約を締結し、今後5年間は互いのメモリチップ特許に完全にアクセスできるようにする。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行