オラクル:アジアで急増するネットツール

シンガポール – オラクルは、2002年5月に終了する会計年度に、日本を含むアジア太平洋地域におけるアプリケーション事業の20%をオンラインで提供する予定です。

オラクルのオンライン・デリバリーにより、2〜4年の期間、および完全なライセンス料の一部で、エンタープライズ・リソース計画、顧客関係管理、サプライチェーン管理などのオラクルのeビジネス・ソフトウェアを購入することができます。

オラクルは、Oracle.comと総称されるオンライン・サービス全体の一環として、アプリケーション・ホスティング、テクニカル・サポート、メンテナンス、教育、コンサルティングを「現金支払い」ベースで提供します。

米カリフォルニア州レッドウッドショアーズ本社の電話会議で、Oracle.comの社長、ティモシー・チョウ氏が水曜日の予想を上回った。 – Irene Tham、アジアのウェブサイト

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、Oracleデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメッシュアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す