NECがシンガポールに研究施設を設立

シンガポール – NECはインフラストラクチャの問題に対処するための分析技術とビッグデータ技術を活用した新しい研究施設を開設した。

NECラボラトリーズシンガポール(NLS)は、現地事務所に位置し、米国、中国、ニュージャージー、クパチーノ、ドイツの5番目の研究センターです。シンガポールはアジア太平洋地域の本社です。

月曜日に正式に開設されたこの新センターは、地方政府や企業との共同研究に参加し、データマイニングや画像・音声分析などのNEC技術を活用した製品の開発とテストを行う予定です。主な目的は、安全性、大規模なデータ、セキュリティ、スマートなエネルギーに特別な注意を払うことになる、国内外のインフラストラクチャの課題を解決することです。

遠藤信博社長は、NLSは「幅広いビジネスと社会の問題の解決に貢献する」新しい技術の開発を望んでいると声明で付け加えた。

シンガポール経済開発委員会のレオ・イップ会長は、政府が分析、サイバーセキュリティ、同国の成長分野として、研究センターの焦点セグメントと一致していると指摘した。

NECは、A * StarのInfocomm Research Institute、Nanyang Technological University、シンガポール工科大学などの地元の大学や研究機関と密接な関係を築いており、東南アジアの新興市場における高度な社会基盤の必要性に取り組んでいるアジア、南米、およびアフリカ。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO