Oracleと防衛HR入札のSAP

米国防総省の関係者は、人事(HR)アップグレードのためにオラクルのPeopleSoftピッチを拒否し、競合SAPに対して入札を再提出するよう求めた。

防衛省は、人事管理キーソリューション(PMKeyS)アップグレードプロジェクトの入札要求を再発行することを決定した後、2人のソフトウェア大手を互いに敵対させるであろう。 PMKeySは、防衛の中心的な人事制度であり、約2万人のスタッフに支払いを管理しています。

DefenseのPeter Lambert情報システム部門責任者によると、OracleとPeopleSoftの契約は、IBMとEDSの入札プロセスからの撤退に伴い、除外された。

「オラクルの対応は、これらの結果を確認するための入札条件には準拠していなかった」と同氏は先週の金曜日の声明で述べている。

この段階では、ソリューションを既存のEnterprise Resource Planning(ERP)システムに限定する予定です。これらのうち、Oracle PeoplesoftとSAPだけが広くHRM機能を活用しています。

国防大臣は、契約のおおよその価値を提示することを拒否し、受け取った入札の質に依存すると述べた。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業