SAPはスパークベースのHANA Voraを発表

私は、ビッグ・データとビジネス・インテリジェンス(BI)の分離が、人為的かつ非生産的であることをいつも見つけました。私がこのブログをBig on Dataと呼ぶ理由は、私もBIをカバーする余地があるからです。はい、テクノロジの名前は、業界のさまざまな時代を暗示しています。はい、さまざまなテクノロジに基づいていることがよくあります。しかし、彼らは離散的な位置よりもスペクトルに沿ったより多くのポイントです。

今日、SAPは、Big DataとBIが相補的であるというアイデアをほぼ示しているHANA Vora(「貪欲な」という言葉から派生した名前)という新しい技術を導入しています。 Voraは、HadoopやSparkなどのBig Dataテクノロジと元のSAP HANA、SAP BW、Business ObjectsやERPなどのダウンストリームソースを統合します。このプロセスでは、BIスタイルのディメンション(ドリルダウン)分析がビッグデータの世界にもたらされます。

古いものと新しいもの; HANA VoraはApache SparkとHadoop 2.0 / YARNの組み合わせに基づいています。次に、プッシュダウンクエリの委任を前提とした元のSAP HANAへの接続を提供します。また、Spark SQLの拡張機能では、リレーショナルデータベースやデータウェアハウスが長年にわたって持っていたものに匹敵する、階層クエリやプリコンパイルされたクエリ機能を処理します。

基本的に、Voraはエンタープライズシステムでデータレイクを記録し、データの移動コストを犠牲にすることなく(「古典的な」HANAが独自のクエリを実行するため)記録します。さらに、次元階層の定義と、Voraが取り組むことができるすべてのデータに対する分析クエリでそれらを使用する能力を提供します。

HadoopとSpark自体が導入されているクラスタノード上で共存するため、Voraは専用のハードウェアインフラストラクチャを必要としません。明らかに、Voraを従来のHANAと統合する場合、後者は独自のインフラストラクチャが必要になります。しかし、Voraはハードウェアの追加要件なしでスタンドアロンで使用することもできます。

Voraは、SAP顧客がHadoop、Spark、Big Dataで一般的に前進するための非常に合理的な方法になります。また、Voraはオープンソースではなく、SAPの商用ソフトウェアであるため、SAPの既存のビジネスモデルに適合しています。

HANA Voraは、BIとのビッグデータ、確立されたエンタープライズソフトウェアによるスタートアップテクノロジ、レコードの検証済みシステムによるデータレイク、そして最終的にはメモリ内およびディスクベースのストレージと処理といった多くのレベルでハイブリッド化します。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO