シマンテックのCEO、第1四半期の業績報告の中でエンタープライズの成長を賞賛

シマンテックは、2015年度には、水曜日の鐘の後、予想を上回る収益を上げて高い金額で開始しました。

セキュリティー・ソフトウェアの巨人は、2億3,600万ドル、1株当たり34セント(声明)の純利益を報告した。

非GAAPベースの利益は、1株当たり45セントで、売上高は17億3500万ドルでした。

ウォール街は、1株当たり42セントの収益を16億7000万ドルの収益で期待していた。

CEOのマイケル・ブラウンは、バックアップ・アプライアンス、モバイル、先進的な脅威防止、マネージド・セキュリティ・サービス、データ損失防止の5つの主要資産へのシマンテックの継続的な投資について説明しました。

当社のバックアップアプライアンス、トラストサービス、データ損失防止事業も堅調な収益成長をもたらしました」と、ブラウン氏はさらに指摘しています。「過去2四半期には、約20の新製品または改良製品を導入しました。会計年度末までに約2ダース以上をリリースする。

現在の四半期において、ウォールストリートは、シマンテックが1株当たり45セントでわずかに高い収益を返し、収益は16億3000万ドルになると予想しています。

シマンテックは、16億ドルから16億4000万ドルのQ2ガイダンス範囲と、非GAAPベースの利益を40〜44セントのポップでフォローアップしました。

シマンテックでは、2015年度には、売上高が66億6300万ドルから67億7000万ドル、利益は1株当たり1.84ドルから​​1.92ドルになると予測しています。

セキュリティの基礎を再考する:FUDを超えて移動する方法

M2M市場はブラジルに戻ってくる

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

Q2の市場予想を上回るDellのテクノロジー、Salesforce Q2の見積もりを上回る見込み、Q3ガイダンスの軽視、Pure FlashのQ2見積もり、売上高の大幅増、Splunk、Autodesk、Brocadeの堅調な四半期報告、 HPのQ3は見通しを上回っているが、PC、プリンタの不調は続き、WorkdayはQ2の四半期売上高を記録している

セキュリティ:FBIがFUDを超えてどのように移行するか、イノベーション、M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティ、FBIがCrackasのメンバーを逮捕、米国の政府関係者をハッキングした姿勢、セキュリティ、Wordpress重要なセキュリティホールを修正するようになりました