Salesforce.comがマーケティングクラウドのアップグレードでExactTargetの記念日をマーク

サンフランシスコ – セールスフォース・ドットコムは昨年、ExactTargetを25億ドルで買収した。「旅」は始まったばかりだ。

Salesforceの役員は、水曜日の朝、クラウド・ジャイアントの現在のサンフランシスコ本社のエンゲージメント・システムについて、脈拍チェックを行った。

Salesforce.comの最高マーケティング責任者、Lynn Vojvodich氏は、2013年のガートナーアナリストのメモを参考に、マーケティングはすべてのCEOにとってトップ3の「必須」の1つになると主張しました。

Voyvodich氏は、Internet-of-Thingsの動きについて、「2020年までに750億以上の接続された製品が存在するとしている。

これらの携帯電話の3つすべてが優れており、同等のiPhone 6sまたは6s Plusよりも安いです。

Vojvodichを続けるこれらすべてのアプリケーションとデバイスを接続すると、まったく新しい方法で顧客に接続できます。

Vojvodich氏は、「これはInternet-of-Thingsよりも強力で、インターネットの顧客だ」と語った。

Salesforceのインターネット・オブ・シングス/顧客戦略の基盤は、昨年11月にDreamforce 2013で発表されたSalesforce1です。

このプラットフォームは、CRMの大手セールスアンドサービスクラウド、AppExchange、およびマーケティングクラウドを活用しています。現在はSalesforceの最も顕著な買収によってブランド化されています。

Salesforce1は、フェイスブックやマイクロソフトなどのビジネスを、他のハイテク巨大顧客に提供し、個々の顧客の視点を拡大することで、これらの企業がすべてのチャンネルやデバイスにパーソナライズされたコンテンツを配信できるようにする必要があります。

Vojvodich氏は、これらの接続とソーシャルネットワークの可能性を強調して、2017年には45億人以上のユーザーと50億台のスマートフォンをオンラインで利用すると述べている。

Vojvodich氏は、「文字通り私の人生を黙って電話から実行しています。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

セールスフォースのExactTargetマーケティングクラウドのCEOであるScott McCorkle氏は、多くの企業では経験の喪失があることを認めています。

McCorkle氏は、顧客の経験とエンゲージメントをマッピングするためのJourney Builderツールを指摘しています。

また、昨年DreamForceに初めて導入されたSalesforceは、コンピュータシステムの仕組みではなくマーケティング担当者が考えるように設計された次のバージョンのJourney Builderを水曜日に導入しました。

アップグレードの3つの柱は、顧客マップ、リアルタイムでの行動(またはその欠如)への自動対応トリガー(すなわち、オンラインショッピングカートの放棄など)、およびそれぞれをテストおよび最適化するためのメトリックすべての相互作用。

最新レビュー

マーケティング担当者は、電子メール、モバイル、ソーシャル、ウェブ、およびますます着用可能な接続デバイスを含むあらゆるデジタルチャネルを通じて顧客の旅を特定して追跡することができるように、ビジュアルアナリティクスを追加しました。

Journey Builder自体はすでに一般的にSalesforce1の顧客に提供されています。 Maps、Triggers、およびMetrics機能は、2015年度第3四半期に展開される予定です。

価格はサブスクリプションライセンスの場合、年間5,000ドルからとなります。また、送信されたメッセージに基づいて段階的な価格設定モデルが用意されています。

更新:Salesforce.comは水曜日に発表した発表を訂正した。同社はもともと、価格設定は月額5000ドルで始まると書いている。正しい料金は年間$ 5,000です。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大