Salesforce.comの第2四半期:もう一つの損失、軟調な見通しにもかかわらず見積もりを上回る

セールスフォース・ドットコム(Salesforce.com)は、木曜日に第2四半期決算を発表したが、ほとんどの勘定でアナリストの目標を上回ったり上回ったりした。

この巨大巨人は、1株当たり10セント(声明)で6,110万ドルの純損失を報告した。

非GAAPベースの収益は13億6,000万ドルで、年間で38%増でした

ウォール街は12億9000万ドルの収益で1株当たり12セントの利益を追求していた。

サブスクリプションおよびサポートの収益は12億3,000万ドルで37%増加し、専門サービスは約58%から8,600万ドル増加しました。

また、Forbes MagazineがSalesforce.comを4年目の世界で最も革新的な企業として募集したことで、サンフランシスコ本社のビジネスも株主と顧客とのブラウンティー・ポイントを獲得しました。

最も最近または現在の四半期ではなく通年を重点的に取り上げたMarc Benioff CEOは、準備された発言で収益を上げた

セールスフォース・ドットコムは、売上高が前年比で38%、第2四半期に繰延収益および営業キャッシュフローが前年比で30%以上成長し、トップ10のソフトウエア企業で最も成長率の高い企業となり続けています。私たちは、今年度の売上高指針を30%増やし、32%の年間成長率である当社の最高水準で53億ドルに達すると発表したことをうれしく思います。去年のガイダンス開始以来、当社は2015年度の売上ガイダンスを170百万ドル上げました。

今四半期のウォール街では、1株当たり13セント以上の収入があり、13億7000万ドルの収入を見込んでいます。

Salesforceは、Q3の売上ガイダンスを13億5,600万ドルから13億7,000万ドルに引き上げ、これは前年同期比で27%増加し、1株当たり12セントから13セントの減益を予想していた。

第3四半期の見通しはやや軟調だったが、CRMプロバイダーは年初来の見通しを上方修正し、売上高は前年比31%増の53億4000万ドルから32%増の53億4000万ドルとなった。

ベニオフは最近、新しいデータセンターと本社がヨーロッパに散らばっていることを念頭に置いて、まもなくブランドラインのサービスを期待する電話会議で株主とアナリストに語った。

Q2の市場予想を上回るDellのテクノロジー、Salesforce Q2の見積もりを上回る見込み、Q3ガイダンスの軽視、Pure FlashのQ2見積もり、売上高の大幅増、Splunk、Autodesk、Brocadeの堅調な四半期報告、 HPのQ3は見通しを上回っているが、PC、プリンタの不調は続き、WorkdayはQ2の四半期売上高を記録している

技術の最大のイベントとしてベニオフが宣伝したドリームフォース2014で発表される予定だが、共同設立者は「スツールの第5脚」を形成すると言っている以外は具体的なことは明らかにしていない。

Salesforceプラットフォームは、昨年11月のDreamforce 2013でのデビューの中で中心的な役割を果たしていたSalesforce 1など、Sales、Service、ExactTargetのマーケティングクラウドで構成されています。

Dreamforce 2014は、サンフランシスコのMoscone Centerで10月13日から16日まで運営される予定です。

クラウドコンピューティングの成長

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大