東芝ポケットPC e330レビュー

最初のPocket PCデバイスが2001年末に登場して以来、東芝は市場を徹底的に追求してきました。同社は現在、デザインが革新的で、特定のスタイルを共有するさまざまな価格帯のデバイスを提供しています。しかし、新しいe330(e310へのアップグレード)は何をミックスに追加することができますか?

東芝は、ミッドレンジハンドヘルドで何が提供されるべきかを明確に考えています。メモリの妥協はありません.64 MBでPocket PCの現在の最大値を取得し、e330の32 MBのフラッシュROMも標準であり、いくつかのデバイスでのみ向上します。東芝は、トップエンドの400MHzバージョンではなく、インテルのPXA250 XScaleプロセッサの300MHzバージョンを選択することでコストを削減しました。おそらく、毎日の使用では速度の低下は目立たないでしょうし、電池寿命の面で利点があります。東芝は、リチウムイオン電池の寿命を10時間にまで伸ばしています。

他のベンダーは、ディスプレイ上で妥協することは間違った経済だということをコストで学んできました。したがって、e330には標準の240×320解像度、65536色のスクリーンが搭載されていますが、半透過ではなく反射です。それでも、さまざまな照明条件で鮮明な画像を表示します。

一般的なハードウェア設計は、東芝が現在認識可能なスタイルに従います。全体の形状は四角形で、4つのうねりのあるアプリケーションのショートカットボタンは大きなカーソルで区切られています。スピーカーはケーシングの右下にあり、デザインの対称性を損なう。ジョグダイヤルとボイスレコーディングボタンはケースの左上にあり、上部にはステレオヘッドホンジャックとセキュアデジタルスロット、赤外線ポート、マイクジャック、電源スイッチがあります。ケーシングの右側にはコントロールがありません。 e330の薄型で軽量な側面は、12.4mmと147gで非常に印象的です。

e330をドッキングポートの横にあるソケットを介してクレードルから離れて充電することができます。これは、多くの旅行者に喜ばれます。実際、どのデバイスにもこの機能がないと使えません。 e330をクレードルに挿入すると、ハンドヘルドデバイスとクレードルの後端の間に隙間ができます。これは、東芝が主力のe740モデルからモールディングを再利用したことです。このモデルでは、スペースは、デバイスの背面に装着された2番目のリムーバブルバッテリパックを収容するように設計されています。 e330はこのアドオンパックと互換性がありません。

e330はUSBデバイスに対応できますが、この機能を利用するには接続ケーブルに£15(元VATなど)を費やす必要があります。東芝はe330(そして東芝のPocket PC全般)の唯一の本当のユニークなセールスポイントであるため、USBケーブルをバンドルする必要があります。USBキーボードをハンドヘルドに接続する機能は、箱から出して。

ソフトウェアバンドルは比較的まばらです。東芝はバックアップユーティリティを提供しています。しかし、SDカードでのみ機能し、キーデータをフラッシュROMのどの部分にもバックアップすることを拒否します。あなたがバックアップしたいものを正確に選択することもできません – これはすべてかどうかの事ではありません。あなたのSDカードが十分に大きければ、あなたのカードがすべてを取るには小さすぎる、またはあなたのデータの選択肢をバックアップしたいという状況のために、それは最適ではありません。

また、東芝がHomeと呼ぶアプリケーションも用意されています。これは事実上、Pocket PC Today画面が気に入らないユーザーのためのグラフィカルユーザーインターフェイスとアプリケーションランチャーです。ランニング、メイン、プログラム、ゲームの4つのタブがあり、実行中のアプリケーションをシャットダウンする最初のタブがあります。これは悪いツールではありませんが、カスタマイズ機能をいくつか追加することで実現できます。

e330は妥当な努力をしており、多くのハンドヘルドユーザーのニーズを確実に満たす必要があります。しかし、Pocket PCデバイスのエントリーレベルのコストは大幅に落ち込むように見えます.Dellのおかげで、今後のAxim X5はe330に匹敵しますが、コストははるかに低くなります。東芝はe330が悪いタイミングの犠牲者になることが分かりました。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン