PeopleSoft、IBMプールリソース

PeopleSoftのヒューマン・キャピタル・マネジメント・ソフトウェアは、企業がイントラネットを通じて人事アプリケーションを管理するのを支援することを目的としています。拡張された協定では、IBMは同社のグローバルサービス部門を通じたプログラムであるDynamic Workplacesイニシアチブの一環として、ソフトウェアを共同販売する予定です。

PeopleSoftは火曜日とは別に、PeopleSoft Staffingという新製品を発表した。このソフトウェアには、雇用企業向けのフロントオフィスおよびバックエンドアプリケーションが含まれており、タイムエントリツールと給与計算および請求書発行機能を連携させることができます。この製品は、複数の通貨、言語、グローバルな給与計算機能および請求機能をサポートしており、現在利用可能です。価格情報は公開されませんでした。

PeopleSoftは、パリで開催されたヨーロッパの顧客会議で、IBMの契約と新製品を発表しました。ヨーロッパを主要市場としている同社は、この会議で顧客獲得の恩恵を訴えた。

PeopleSoftは他の面でも国際的な推進を続けています。 PeopleSoftは、同社のグローバルペイロール製品がオランダ、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、インド、ブラジルで発売されると発表した。これらの国の拡大は来年初めに可能になる見込みです。

国際的な焦点は、Siebel SystemsやOracleなどの競合企業と一緒になってきた同社が、厳しいIT支出市場で売上を伸ばすのに役立ちます。

PeopleSoftは先週、第3四半期の純利益が前年同期比11%減となったと述べたが、第4四半期のアナリスト予想を上回る可能性があると指摘した。

同社は、第4四半期の純利益を4470万ドル(1株当たり14セント)とし、4億7100万ドルの収益を計上した。 1年前の同四半期の売上高は、5億2,300万ドル(1株当たり17セント)で、売上高は5億2,000万ドルでした。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

IBMがAIを使って第2アフリカの研究室で大きなデータを暴動させる

IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編は次のようになります

IBMは業界のプラットフォームを立ち上げ、ユニットをブロックし、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブをスワップする

データセンター、IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Big Data Analytics、AIを使用して第2アフリカの研究機関で大量のデータを管理する人工知能、IBM Watson:AIによって作成された映画の予告編; CXO; IBMが業界プラットフォームを立ち上げ、ブロックチェーン・ユニットを導入し、グローバル・ビジネス・サービスのエグゼクティブを交換