CIOになると悪い:2010年のIT予算は2006年のリソースレベルに急増する可能性がある

ようこそ、2010年に戻って、あなたが戻ってきたのは、2006年と2007年のリソースです(運が良ければ)。今すぐ外出してビジネスに役立ててください。

Gartnerは、2010年のCIOのアジェンダ・トークでその朗報を発表しました。いくつかのおしゃべり会話、みんな。ガートナーのアナリストのマーク・マクドナルド氏は、楽しいリフでトークを開いたが、全体的なメッセージは明らかだった。予算はすぐに戻ってこないし、CIOも進化しなければならない、

マクドナルド氏はCIOの拍手を受けて予算を15%増やした。これは数年前に元気に戻ってくれるだろう。約3人が拍手喝采を浴びた(おそらく400人のITエグゼクティブがいる部屋で)。これらの3人は今日後でベンダーに攻撃される可能性が高い。

現実:2009年、企業の88%がIT予算を削減しました。良いニュース:2010年の強い増加があっても、CIOは、2006年または2007年と本質的に同じリソースレベルで未来に直面します。

これをグラフに入れてみると、IT予算の写真はこのようになります(Gartnerはこれらの数値を2010年に月曜日に6.9%

しかし、私たちは、予算が大げさであることを知っていました。 2010年のCIOの違いは、彼女はコスト削減と収益向上の両方向に取り組んでいることです。 McDonaldは、ITは単にコストを削減するだけではなく、CIOが今すぐ応援してくれると主張しています。 「お金を節約してもITへの投資は増えないので、無限の需要はないと知っている」とマクドナルド氏は語った。 “我々はコモディティ化と戦う。

マクドナルド氏によると、ビジネスにはこれまで以上に多くの選択肢があります。言い換えれば、社内のIT部門は、もはやビジネスにとって最善の選択肢ではないかもしれません。

しかし、何が変わるかはひどくはっきりしません。 CIOは永遠に進化していませんか?私たちは過去20年間のビジネスの連携について話していませんか? CIOは、ビジネスプロセスの改善、コストの削減、効率の改善、顧客の維持と誘致、イノベーションなど、過去3年間の主な優先事項とほぼ同じです。

GartnerのKen McGeeとDale Kutnickは、ITの成長率を0%に引き上げる新しい標準と呼んでいます。簡単に言えば、2010年の優先順位は、予算なしで過去3年間とよく似ています。そして、ええ、私はほとんど忘れてしまった:2010年はCIOのキャリアを作り、壊すだろう。そこに圧力はない。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank