東芝、QシリーズPro PC内蔵ソリッドステートドライブキットを提供

東芝は、最新のシステムの一部としてSSDを手に入れなかった方々に、新しいQシリーズPro PC内蔵ソリッドステートドライブキットを発表しました。ストレージのニーズと予算に応じて、3つの異なる容量を選択できます。

SSDが従来のハードドライブよりも速いブートアップを提供すると言われる必要はないかもしれませんが、ギガバイトあたりのコストはそれよりも高くなります。 Toshibaは、携帯型のフォームファクターにより、Qシリーズプロが目を見張るものになることを期待しています。厚みはわずか7mmで、ユーザーがアップグレード可能な場合はUltrabooksに追加できます。 9.5mmのドライブベイを備えた標準サイズのラップトップで使用する場合は、スペーサーを使用します。

SATA 3.0ドライブの性能仕様には、554MB /秒の平均シーケンシャルリードスピードと512MB /秒の平均シーケンシャルライトスピードが含まれます。データ移行を支援するNTI Echoソフトウェアも入手できます。 X-bit Labsによると、新しいドライブは、第2世代の19nm MLC NANDフラッシュメモリを利用する予定です。

残念ながら、Qシリーズ・プロの技術的な詳細はまだリリースされていません。東芝のウェブサイトやBest Buy、Amazon、その他の小売業者から、159.99ドル、309.99ドル、739.99ドルで今月末に128GB、256GB、512GBの容量で利用できることがわかります。

NetApp、Zaloniと提携しているデータ湖の中間層システムを開始

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す

ストレージ、NetApp、Zaloniと提携しているデータレイク向けの中間層システム、クラウド、EMCとの契約を締結したMichael Dell:「データセンター、Dellテクノロジーズのリフトオフ:Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合;ストレージ; FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズムは、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指して